建売住宅VS注文住宅!それぞれのメリットとデメリットとは?

スピードに勝る建売住宅

既に建築済みの状態で販売されている住宅を建売住宅、もしくは分譲住宅と言います。
建売住宅は既に建築が完了しているため、スピーディーな入居が可能です。子供の新学期に合わせて引っ越したい、転勤で新しい住まいが必要になった、など引越しのタイミングを合わせたいときに重宝するでしょう。また建売住宅には、予算を抑えつつ購入できるというメリットもあります。
反面、自分で間取りや内装を決めることができないので、生活していく中でどうしても不満が出てきてしまいます。また既に建築済みの物件を購入するので、工事がどのように行われたのか確認することができません。自分の目で見て安心したいという人にとっては、この点もデメリットになってしまいます。

生活にマッチする注文住宅

オーダーメイドで建てる家が注文住宅です。設計の段階から自分の意見を盛り込んでいくため、自分にとって住みやすい家を作ることができるのが一番のメリットと言えます。世界で一つの我が家、となれば愛着も一入。また建築状況を確認することができるので、入居後も安心して暮らすことができます。
注文住宅のデメリットは、実際の入居までにかかる時間が長くなることです。設計の段階からスタートすることになる上、場合によっては土地を探すところから始めなければなりません。またこだわりすぎて予算をオーバーしてしまうことが多いのも注意したいポイントです。事前にしっかりと予算を把握しておき、こだわりたい部分を絞っていく必要があります。